国内旅行

松尾芭蕉の句で有名な「宝珠山 立石寺」で煩悩を消し去ってきた

宿の女将さんに山形の観光名所としてオススメされた山寺に行ってきた。

松尾芭蕉が「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」という句を詠んだ場所として有名らしく、由緒正しいお寺のようです。なんでも石段を登り切れば煩悩が消えるんだとか。

全力で消しにいくわ!ということで山門からスタート。料金は300円。

img_4592

実は前日の夕方にも山寺に来たけれど、売店のおばちゃんに「今から登っても景色が見えなくて勿体ないから明日の朝に出直しなさい」と忠告されたのだった。結果、朝に出直して大正解だった。

とりあえず腹ごしらえ。

img_4591

山形のあちこちで売られている玉こんにゃく、ほんと美味しい・・・1015段もある石段を登り切るための活力になってくれ。

15分ほど山を登ると「せみ塚」というスポットに到着。

img_4594

ここがどうやら中間地点らしい。

そこからさらに10分ほど登っていくと、なかなかいかつい門が見えてくる。

img_4595

けやきで作られた門は「仁王門」といって、邪な心を持つ人間を通さないために仁王像が中で見張ってた。通れたから自分は邪悪な人間じゃないことが分かった!(単純)

そこからさらに上へと登っていくと、「納経堂」と「開山堂」が見えてきた。

img_4599

奇妙な地形もあってか、写真を撮るとすごく絵になる。このお寺を建てた大師の姿を写した木製の象が安置されているそう。岩に亀裂が入ってるから崩れたりしないか怖い・・!

そこからさらに上の方へ登ると「五大堂」という、いわば展望台的なビュースポットがある。芭蕉はここからの景色に感銘を受けたのだそう。

img_4607

img_4604

霧がかかってる、というかもやがかかってる・・・

写真だと全然絶景に撮れていないけど、確かに実際に自分の目で見たら山形の田園風景が眼下に広がっている雄大さは味わえたよ!

絶景を味わったら、そこから10分ほど歩いて「奥之院・大仏殿」に到着したらゴール!

img_4608

決してものすごく大変な道のりではないけれど、ここまで来たら結構な達成感があった。煩悩も消えたはず!少し休憩したらもとの道を下山していった。

慣れない運動をした後はお腹は空くものでして。下山してから山寺グルメ(?)として「美登屋」さんで郷土料理の「だしそば」をいただいた。

img_4611

山登りの心地よい疲労感と手打ちの美味しい蕎麦を食べられて、芭蕉さんが句を詠みたくなる気持ちも分かるわ~とか話していたけれど、失礼極まりないのでそっとしておきます。

山形の自然にふれながら松尾芭蕉と同じ道をたどってみたい方は是非行ってみてください。

関連記事

  1. 国内旅行

    能登半島の海岸線を巡るドライブはオススメの観光スポット満載で超楽しい

    能登半島ドライブのオススメ観光スポットをご紹介します!金沢にず…

  2. 国内旅行

    島根の世界遺産「石見銀山」がリアル洞窟ダンジョンでわくわくした

    仁摩サンドミュージアムに行ってから電車で石見銀山に行ってきまし…

  3. 国内旅行

    別府地獄めぐりはカバに餌をあげたりプリンは美味しいし超楽しかった

    名物のだんご汁を食べて腹ごしらえしたので、別府に来た目的である地獄めぐ…

  4. 国内旅行

    渋温泉で泊まった歴史の宿「金具屋」が情緒に溢れたレトロさで素晴らしかった

    会社の同期と長野へ温泉旅行に行ってきました。泊まった宿は金具屋…

  5. グルメ

    米沢ラーメンの人気店「そばの店 ひらま」の中華そばが絶品の縮れ麺だった

    米沢のご当地グルメといえば?やっぱり肉?米沢牛?それともお酒?それも正…

  6. グルメ

    別府のご当地グルメ!「茶房 信濃屋」で郷土料理のだんご汁を堪能

    福岡から別府駅まで移動して、とりあえず腹ごしらえ。別府のご当地…

  1. グルメ

    米沢ラーメンの人気店「そばの店 ひらま」の中華そばが絶品の縮れ麺だった
  2. 買い物

    Canonのデジタル一眼レフ「EOS Kiss X7」を買いました
  3. 書評

    学校でのいじめの復讐劇を描いたサイコホラー漫画『ミスミソウ』がひたすら怖い
  4. グルメ

    麻布十番の「新福菜館」で京都ラーメンの激ウマっぷりを知ってしまった
  5. コラム

    グリー株式会社に入社しました
PAGE TOP