海外旅行

見所満載!バンコク「ワット・プラケオ」の建造物は異国感たっぷりで素敵

ワット・ポーの次に訪れたのはワット・プラケオ!

王宮内にある王室専用の寺院で、エメラルド寺院とも呼ばれます。仏塔や仏像がとても盛りだくさんで、タイの寺院巡りの中で一番疲れたのは間違いないです。笑

事前準備

・入場料は500バーツ
日本円で1,700円くらいで、バンコクの寺院の中でも拝観料がかなり高いです。ATMと思われる機械が入場ゲート近くにあったような気がしましたが、人混みの中でわざわざめんどくさいですよね。所持金は事前に準備しておきましょう!

・事前に勉強しておこう
ワット・プラケオは見所が満載でただ見て回るだけでも十分楽しいですが、事前にどんな建物があるのか調べておくと「へぇ〜この建物は図書館なのか〜」みたいに、実物と用途が結びついて一層面白くなると思います。

・地図を持っておこう
初めて訪れるのであれば、地図がないと似たような建物に囲まれて自分がどこにいるのか完全に分からなくなります。僕みたいな方向音痴な方は必ず用意しておきましょう。

本堂

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まず入り口入ってすぐ目に入るのが本堂です。
とても豪華な装飾に最初から面食らってしまいました。この本堂の中にはエメラルド仏があるので、写真撮影は禁止されていますが見ておきましょう。

プラ・スワナ・チェディ

IMG_4403
多くの建物のなかでも抜群に目立つ仏塔です。
ワット・プラケオの中でもっとも古い建物らしく、台座を支えている像がかわいいです。靴をはいている像とはいていない像の2種類いました。

プラサート・プラテープ・ピードン

IMG_4406
歴代の国王の像が安置されている御堂です。

プラ・モンドップ

IMG_4411
経典を納める書庫です。
トゲトゲの装飾が男の子的にはカッコよさを感じました。笑

プラ・シー・ラタナ・チェディ

IMG_4416
ワット・プラケオの中で最も目立つのがこの仏塔。
見て分かる通り外観が金ピカで、THE ゴージャス!って感じの外観です。アユタヤのワット・プラ・シー・サンペットの仏塔をモデルにして作られたらしいです。

模型

IMG_4414
遺跡の模型があります。
かなり精巧に作られていて、しばらく見とれてしまいました。

ウィハーン・ヨート

IMG_4418
重要な仏像や遺灰が収められている仏堂です。
真っ白な壁が他の建物とは違った印象でした。屋根の部分は他の建物と同じで派手ですね。笑

ホーモン・ティエン・ダム

IMG_4421
経典が納められている図書館です。

壁画

IMG_4417
回廊には壁画が描かれています。
お姫様を巡って王子様と鬼が争うストーリーが描かれていて、壁画を見て回るだけで面白かったです。壁画のある回廊は日陰にもなっているので、散策の休憩がてら眺めるのが良いかと思います。

ウィハーン・ガンダーラ

IMG_4401
仏舎利塔です。
モザイクタイルが特徴的で、これもきれいでした〜。

さいごに

ワット・プラケオは見所満載すぎて写真は全部見て回れた気が到底しないですが、豪華な造りの建物をたくさん見れて楽しかったです。日本では見られない建築様式を生で見られるのが素敵ですね。

バンコク旅行の際には是非♡

関連記事

  1. 海外旅行

    ベトナムの世界遺産!ハロン湾のクルーズツアーが非日常的で絶景すぎた

    ハノイ旅行の一番の目玉、ハロン湾クルーズに行ってきました。ハロ…

  2. 海外旅行

    初めての台湾はレトロで美味しい最高のオトナ帝国だった

    6月15日〜17日の2泊3日で大学の友人と台湾へ旅行してきました。…

  3. 海外旅行

    セブ島のタイ式マッサージ「NUAT THAI」は安いし気持ち良くて極楽だよ

    セブ島2日目です。すごく天気が良くて汗だくになりながら…

  4. 海外旅行

    セブ島「Lighthouse Restaurant」で生演奏とフィリピン料理に満足

    セブ旅行、最終日の晩御飯です。泊まっているホテルの近くにあるフ…

  5. 海外旅行

    シンガポールで有名すぎる植物園「クラウド フォレスト」が壮大すぎてラピュタの世界だった

    朝ごはんを食べてから、「クラウドフォレスト」という植物園に行ってきた。…

  1. 海外旅行

    タイの観光名所!「ワット・ポー」の寝釈迦仏は規格外のインパクトだった
  2. 海外旅行

    アユタヤ「ワット・プラ・マハタート」の菩薩樹に覆われた仏頭は神秘的だった
  3. グルメ

    リニューアルした「武道家 早稲田本店」が終日ライス無料おかわり自由らしいので駆け…
  4. 書評

    学校でのいじめの復讐劇を描いたサイコホラー漫画『ミスミソウ』がひたすら怖い
  5. お出かけ

    ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2015-2016 …
PAGE TOP