海外旅行

タイの観光名所!「ワット・ポー」の寝釈迦仏は規格外のインパクトだった

タイ旅行最終日はワットポーの観光からスタート!

ワットポーへ行くにはBTSのサパーンタクシン駅まで電車で行って、そこから船で向かうのが一番楽なルートだと思います。ワットポーの最寄駅まで電車で行くと、そこから30分以上歩くことになります…

サパーンタクシン駅からはこんな船でワットポーへ向かいました。

IMG_4336

船乗り場は混雑しててどこで何のチケットを買えばいいか分かりにくいですが、とりあえず列に並んで「ワットポー!ワットポー!」って言ってれば何とかなる。ちなみに船の料金はクソ安いよ。

乗客の大半が僕たちと同じような観光客でした。一度にかなり大勢乗るので、電車みたいに立ち乗りの人がつかまるためのつり革がありました。

IMG_4337

乗船チケットはこんな感じ。

IMG_4338

チャオプラヤ川を間近に見ながらワット・ポーへ向かいます。「すごい濁った川だな…」なんて口が裂けても言えないよね。

IMG_4339

ワット・ポーの入場チケットを買います。

IMG_4347

チケットと一緒にミネラルウォーターが一本もらえるのですが、外はかなり蒸し暑いので本当にうれしい!「キンキンに冷えてやがるっ…!」カイジが地下炭鉱でビールを飲めたときの気持ちをタイという異国で味わえるとは思っていませんでした。

お祈りをしている方々がいらっしゃいます。

IMG_4350

そしていざ建物の中へ入ると…すぐいらっしゃいました!

IMG_4355

「で、でっけえええ!!!」

大きいとは話で聞いてはいましたが、やっぱり実物をこの目で見るとすごいですね…耳たぶが規格外にデカすぎるでしょ…髪型はツンツンヘアなんですね。

IMG_4366

足も長すぎる。写真では足が長いのかどうか、もはや全体的にどんな体勢なのかすらよく分からない感じですが、とりあえず全長46メートル・高さ15メートルあります。僕がアニメを見ている時と同じ姿勢ですが、この仏様は涅槃に入る直前を表現したものらしいです。

IMG_4368

つま先から足の裏にかけては絶賛工事中でした。笑

IMG_4369

寝釈迦仏を見た後にはこちら。

IMG_4370

10バーツをこのサタン硬貨と交換してもらったら、この硬貨をずらーっと並んでいる108個の鉢にチャリンチャリンと入れていきます。

IMG_4372

鉢に硬貨を入れるたびに煩悩が消えていくそうなので、僕のように煩悩にまみれた人間は是非108個の煩悩だけでも消し去っておきましょう。笑

IMG_4376

寝釈迦仏さんの枕はとても高かったです。

いやー、ワットポーのインパクトは相当なものでした。ここに来ただけでもとりあえず「タイに行ってきたで!」感は味わえること間違いなしです。みんなで煩悩を消しにいきましょう♡笑

関連記事

  1. 海外旅行

    シンガポールで有名すぎる植物園「クラウド フォレスト」が壮大すぎてラピュタの世界だった

    朝ごはんを食べてから、「クラウドフォレスト」という植物園に行ってきた。…

  2. 海外旅行

    シンガポールの人気店「ジャンボ・シーフード」で絶品チリクラブとビールに乾杯

    シンガポール最終日のディナーはチリクラブ!シンガポール旅行で必…

  3. 海外旅行

    セブ島のタイ式マッサージ「NUAT THAI」は安いし気持ち良くて極楽だよ

    セブ島2日目です。すごく天気が良くて汗だくになりながら…

  4. 海外旅行

    ホーチミン廟やタンロン遺跡!ハノイの見どころ観光スポットを散策してきた

    ベトナム旅行、最終日は飛行機の時間までハノイの市内観光!事前に…

  5. 海外旅行

    シンガポール旅行の定番!ラッフルズホテルのロング・バーで優雅にカクテルを

    ロング・バーはシンガポールスリングというお酒の発祥の地として有名。…

  6. 海外旅行

    圧倒的悲しみ…タイでライトアップが有名な寺院「ワット・アルン」が絶賛工事中だった

    対岸の「ワット・アルン」へ行きました。タイ語で「暁の寺」という意…

  1. グルメ

    西麻布にある「博多麺房 赤のれん」で一番美味いのは水餃子ではないか疑惑
  2. 海外旅行

    シンガポール「1-Altitude」で絶好の夜景と音楽を肴に酒を飲もう
  3. グルメ

    高田馬場「GarlicChips」は本格的な料理とお酒でくつろげるオシャレBAR…
  4. グルメ

    新宿西口の「らあめん 満来」のチャーシューざるらあめんが迫力の肉塊で圧倒
  5. ゲーム

    エイプリルフール企画!FGOGOのサーヴァント収集が本気すぎる企画で痺れた
PAGE TOP